Top > メディア > 借金整理の方法について

借金整理の方法について

任意整理という言葉はよく負債の整理というように呼ばれており、貸方に対し借金の支払いを継続していくことを前提とした借金を整理していく方法のことをいいます。

 

実際の流れですが、司法書士の資格者または弁護士が貸方と債務者の仲介役として話し合い、利息制限法に従って利息の引き直しを実行して一から計算しなおした元金に対する利息を下げる方法で3年前後の時間で返済していく債務の整理の方法です。

 

この任意整理には各裁判所といった公的機関が関係することはないため別の選択と比較しても選択したときにおける不利益が最も少なく、やり取りも債務者にほとんど圧力にならないことからまず考慮する必要があるモデルといえるでしょう。

 

それから、貸し手がサラ金業者といったような大変高額な利子であるなら利息制限法が明記している利子に追加して支払った利息分においては元金に適用するとみなされ借入金の元金自体を少なくしてしまうことも可能です。

 

つまりは、サラ金に類する法外な利子のところにある程度長い期間返済している例ではお金を免除できる場合もあり十数年返し続けているケースでは負債そのものがなくなる可能性もあります。

 

借金の整理のポイントは破産申告とは違い一部分の借金だけを処理していくことができますので他に保証人が関連する負債以外について整理していく際やクルマのローンを別として手続きしたい際などにおいても適用することも可能ですし全ての財産を放棄してしまうことは要求されていないため、戸建て住宅などの自分名義の資産を持っているものの、手放してしまいたくない状況でも活用可能な借金整理の方法といえます。

 

いっぽうで、手順を踏んだ後の返済額と実際の給与等の収入を比較検討し適度に返済の計画が立つようならば手続きを取るほうが良いといえますが破産とは違い借金自体がなくなってしまうというわけではありませんので負債の額が大きい状況では、実際的には任意整理による手続きを実行するのは容易ではないということになります。

 

メディア

関連エントリー
借金整理の方法についてテスト